SF,SF小説 SF novel,日蓮大聖人様の仏法と人間革命

ある日突然、みんなが知らない小さな国から大気圏へ向けて ミサイルが発射された。世界中は核戦争がはじまったのかと 大騒ぎになった。国連にも参加していないその国の存在を 多くの人は知らなかった。まったくその国の存在は相手に されていなかったのだ。ニュースになるのは大きな国の ことばかりだ、   その国のミサイルは大気圏で大爆発した。あまりにも突然だったの で、世界は対応に混乱した。twitt ...

,詩 poetry

  絶え間無き苦難 気づくと逃げる心 野武士のごとくあれ 誤認識の群衆から 遠く離れて 苦難を逃げようとする心 大空には光る太陽 失われない力 邪悪な魂は去り 野武士は叫ぶ 古い認識は消えて 宇宙は語りかける 彼方の都をめざして 久遠元初の請願を忘れるなと     パンデミックになってから、しばらく更新が止まっていました。 なーんとなく、憂鬱な感じがしてしまいますね。 ...

夢野久作,青空文庫

夢野久作さん 夢野久作さんというと私はすぐにドグラ・マグラを思い出し、怪しい恐ろしい作小説を書いた作家という印象を持っていました。その人物については何も知りませんでした。ウィキペディアで調べてみると、すごい人生を送った人なんだと驚きました。一度、お坊さんになったこともあるんですね。なんで、また普通の人にもどったのか謎です。それに、お父さんの借金の返済に追われる人生だったとか。 1913年(大正2年 ...

,詩 poetry

  潮風とともに 音楽が海の彼方から聴こえる 人間革命のマーチだ 無限に続く希望の躍動 苦しみを乗り越えた 幾千万の勝利の行進 流転の海を超えてゆく   パンデミックになってから、しばらく更新が止まっていました。 なーんとなく、憂鬱な感じがしてしまいますね。 このまま、ずっとマスクをして外出する日が続くのでしょうか。 でも、唱題行(南無妙法蓮華経と唱える修行)を、ユーチュブの動 ...

,詩 poetry

  自由に空を飛ぶ鳥たち 分を知る私 羽をもたない虫のよう 滅亡する恐れにふるえる毎日 死はすべてのものにやってくる 南無妙法蓮華経と唱えれば 威風堂々と時空を超えて九識心王真如の都へ   パンデミックになってから、しばらく更新が止まっていました。 なーんとなく、憂鬱な感じがしてしまいますね。 このまま、ずっとマスクをして外出する日が続くのでしょうか。 でも、唱題行(南無妙法蓮 ...

,詩 poetry

明るい未来を 知る人は少ない 戦う勇気は もどかしい心の中で眠ってる 泣きたくなるような現実 むなしき人生 妙な声を聴いた 他の誰かの声 うれしくなった 蓮華が咲き んーという音がして 元気になった 今日も生きていこう パンデミックになってから、しばらく更新が止まっていました。 なーんとなく、憂鬱な感じがしてしまいますね。 このまま、ずっとマスクをして外出する日が続くのでしょうか。 でも、唱題行( ...