SF,SF小説 SF novel,その他,パヤナーク戦記

No Image
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 私はドアを開けていいのかどうか迷ってしまった。ほぼパニック状態だったのでどうしたのか思い出せない。とにかくドアを叩くので私は何も考えずに、ドアを開いてしまったらしい。彼女は黒い大きな瞳で私を見つめ、私に白い粉を吹きかけた。私は意識を失ってしまいその後何が起きたのか覚えていない。 目を覚ますと私は不 ...

ホラー小説 Holler novel

No Image
第1話 明日は引越しの日だった。バンコクに住んで約1年の大田太郎の心はまだ落ち着かなかった。それは、早く新しいアパートの部屋で寝てみたいからだった。バンコクの小さな不動産会社、横綱不動産の社長である太郎、従業員はわずかタイ人が2名の小さな会社。本当ならば、タイ人をもっと雇わなくては、会社設立できないのだが、そこはアメージング・タイランド、なんとかなるのだ。 太郎は小柄で、太っている。子供の頃から、 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

私は空から雨のように落ちてくる無数の蟹を見て、ただ祈り続けた。人はこのような絶望的な状況でも祈ることはできるのだ。 すると私の頭の中にふと ある考えが浮かんだ”蟹は前に進めない”ということだ。 私は前方にいる巨大な蟹を見て、家に引き換えることにした。 蟹は私を追ってこなかった。 そして私は無事に家にたどり着くことができた。 そしてしばらく使っていなかったドローンを探し出し飛ばしてみることにした。 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

No Image
真夜中、私は不気味な音でめざめた。私はタイの田舎に住んでいる。田舎といっても日本の田舎とはちょっとイメージがちがう。一番近くのとなりの家までは歩いて500メートルはある。孤立した小さな家に愛犬ジェットと暮らしている。普段は静かで都会の生活よりははるかに快適だ。しかし、夜中に不気味な音を聞くと、急に自分が孤立して生活していることに気づかされる。その音は隣の部屋から聞こえた。床をひっかくような音がして ...

SF,SF小説 SF novel

奇妙な約束だった。 ジュンは時計を見た。夜の8時を過ぎていた。この時間のパタヤのビーチは昼間とはまったくちがう雰囲気になる。バンコクが天使たちの街ならば、パタヤは悪魔たちの街だろう。邪悪な考えと、欲望で満ち足りたビーチ。世界で一番邪悪な場所かも知れない。 結局、ジュンは赤いビキニの二人連れには話しかけることができなかった。 ただ、そのビキニの赤と、白い肌、サングラスに隠れた顔、それが気になってしょ ...