【改訂版 パヤナーク戦記】2.大地の守り神 タオの目覚め

私は空から雨のように落ちてくる無数の蟹を見て、ただ祈り続けた。人はこのような絶望的な状況でも祈ることはできるのだ。

すると私の頭の中にふと ある考えが浮かんだ”蟹は前に進めない”ということだ。

私は前方にいる巨大な蟹を見て、家に引き換えることにした。
蟹は私を追ってこなかった。

そして私は無事に家にたどり着くことができた。

そしてしばらく使っていなかったドローンを探し出し飛ばしてみることにした。

このありえない現状を空中からみてみようと思ったのだ。

もし、逃げることができるなら、どの方向に逃げるべきかを確認することにした。

ドローンの映像からわかったことは、私の家は無数の巨大な蟹に囲まれてどこにも逃げられないということだった。

絶望的だった。巨大な蟹に食べられて死ぬ運命なのだろうか。

いや、どんな絶望的な状況でも、私はあきらめないのだ。

私は祈った。祈りは必ず叶うのだ。

するとどうだろう、遥か彼方に見える山が大音響をたてて突然噴火し、しだいに山全体が真っ赤な火の塊になった。その火のかたまりから巨大な一匹の亀が現れたのだ。驚いたことに、その亀は空を飛び、口からマグマを雨のように降ってくる蟹めがけて吐いているのだ。

そして、声が聞こえたきた。
”我は古よりこの母なる大地を守る神なり。邪神どもがまたやってきたようだな。祈るがよい。命の限り祈るのだ。すべての願いは、必ず叶う。祈りは次元をかえるのじゃ”

私は一体何のことかわからなかった。そしてこのありえない状況を理解することができずただ戸惑うだけだった。

誰かが家のドアを軽くノックした。
いったい、こんなときに誰だろう。
私は窓からのぞいてみた。

そこには長身の見たこともない美女がアフリカの民族衣装のような露出度の高い服を着て、長い槍を持って立っていた。

 

続く

 

 

今日の名言

自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

- アインシュタイン -

ここがポイント
どんなに絶望的な状況でもあきらめてはいけません。それは五感によって生み出されたゆがんだ世界です。目を閉じて、耳をふさいで、心を磨けば、異次元の世界にいることに気がつくでしょう。

 

法華経の知恵

御文
大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも潮のみちひぬ事はありとも日は 西より出づるとも
法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず(御書1351)

通解
大地をさして外れることがあっても、大空をつなぐ者があっても、潮の満ち干がなくなっても、日が西から出ることがあっても、法華経の行者の祈りのかなわないことは絶対にない。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 SF小説ブログで、にほんブログ村ランキングに参加中です! はげみになりますので、見ていただいた記事には、是非上のバナーのクリックよろしくお願いします!

簡単なプロフィール
いままでの主なキャリア:BASICプログラマ、BASICインストラクタ、テクニカルライタ、D-BASEやDynabookのユーサーサポート、二松学舎大学や工学院大学の情報センター勤務ネットワーク管理、Webディレクター、Webマスタ。あとは秘密。 なんでも新しいもの、未知のもの、進化してるもの、可愛いものが大好き。海外に住んで、雨にも負けずの宮沢賢治さんのようなシンプルな生活をめざしています。日蓮大聖人様の仏法を信じ、毎日唱題行で心を磨き、九識心王真如の都をめざしています。