パヤナーク戦記

No Image

  この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。  戦いはすぐに終わったようにみえた。 水面から昇る火の玉は消えてなくなり、静かな星空が天上にあった。 やがて、どこからともなくバオバオとホーとレンがもどって来た。 ”戦いは我々の勝利だ。宇宙から来た連中は逃げていった。” わたしたちはその言葉に安心した。 ”パヤナークはここに ...

パヤナーク戦記

No Image

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。  ”私の名前はレンというの。私はマリリン・モンローとアインシュタイン博士とバオバオの遺伝子組換えで生まれたの。” ”遺伝子組換えって?” ”私は戦士の一人なの。” すでに太陽は沈みかけ、あたりは暗くなっていた。 ”あれを見ろ。”アインシュタイン博士が叫んだ。 メコン川の川の底からいくつもの ...

その他

No Image
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 博士の研究室が激しく揺れた。地震だ、大地震だ。 バオバオが目をひらいている。 ”みんな逃げるんだ、ここから離れよう。ホーたのんだぞ。” アインシュタイン博士は叫んだ。 ホーはまた白い粉をみんなに吹きかけた。 私はまた気を失い、目をさますと大きな川のほとりにいた。 ”ここなら安全、あの島はバオバオが目 ...

パヤナーク戦記

No Image

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 地下神殿への階段を降りて行くと、松明の明かりで、その壁に古い壁画が書かれていることに気がついた。それは、この島の歴史、人類の歴史以前の出来事が描かれていた。どうやら下に行くほど古い出来事が描かれているようだった。下への階段は果てしなく続いているようで、壁画に描かれている不気味な生物も、下に行くほど人 ...