VTuber,,詩 poetry

Thumbnail of post image 106
心をコントロールしよう V-tuberの記事紹介動画 心をコントロールしよう みんなの声がひとつになるとき みんなの心はひとつになる そしてみんなの願いはひとつになる 心はコントロールしないと 幸せにはなれない それはだれかにコントロールされることではない 誰かに利用されることではない 自分という妄想にとらわれることではない 大宇宙のルールによって 心は自由に動き始める みんなの声がひとつになると ...

VTuber,,詩 poetry

Thumbnail of post image 192
Bokuがみえない日、キミがみえない日 めざせ九識心王真如の都 Bokuがみえない日、キミがみえない日 Bokuがみえない日がやってくる キミがみえない日がやってくる でもだいじょうぶ Bokuはここにいて キミもここにいる 目にみえないもの 世界中にたくさんある 電気、空気、音、人の心 だからみえない日がやってきても 悲しまないで みんなここにいるから みえないみんなはここにいる そして、キミも ...

エッセー,,詩 poetry

Thumbnail of post image 198
”One” V-tuberの記事紹介動画 ”One” ジョンとヨーコから手紙がとどいた 新しい時代の最初の日に 書かれた文字はただひとつの言葉 "One” Bokuは意味を考えた Bokuのはじまりを考えた 父と母がいて その父と母にも父と母がいて はじまりは”One” はじまりはひとつの生命 わんちゃんも 猫さんも 怖い生物も まだしらない地球外生物も はじまりは”One” だからBokuが誰か ...

VTuber,エッセー,日蓮大聖人様の仏法

Thumbnail of post image 143
心はいつも九識心王真如の都に V-tuberの記事紹介動画 心はいつも九識心王真如の都に 最近の日本で起きたニュースを知った。 自分の命、他人の命どちらも自分で奪ってはいけないとBokuは思う。 人の心をコントロールするのはむずかしい。 ちょっとしたことで、悩んだり、怒ったり、悲しんだり。 その原因はその人でしかわからないと思う。 Bokuの心もいろんな出来事で怒ったり、悩んだり、悲しんだり。 最 ...

エッセー

Thumbnail of post image 188
パンデミックもいつか終わる V-tuber無解行トッケー いつまでも続かない どんなよいこともいつまでも続かない。どんな悪いこともいつまでも続かない。 良いか悪いか、誰がきめるのかな? それは自分の心だと思う。 良いと思っていたことが、何年かあとにふりかえってみたら、悪いことだったり。反対に、悪いことが実はよいことのきっかけだということもあると思う。 パンデミックもいつか終わる。自分の現在の人生も ...

SF,SF小説 SF novel,その他,パヤナーク戦記

No Image
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 私はドアを開けていいのかどうか迷ってしまった。ほぼパニック状態だったのでどうしたのか思い出せない。とにかくドアを叩くので私は何も考えずに、ドアを開いてしまったらしい。彼女は黒い大きな瞳で私を見つめ、私に白い粉を吹きかけた。私は意識を失ってしまいその後何が起きたのか覚えていない。 目を覚ますと私は不 ...

ホラー小説 Holler novel

No Image
第1話 明日は引越しの日だった。バンコクに住んで約1年の大田太郎の心はまだ落ち着かなかった。それは、早く新しいアパートの部屋で寝てみたいからだった。バンコクの小さな不動産会社、横綱不動産の社長である太郎、従業員はわずかタイ人が2名の小さな会社。本当ならば、タイ人をもっと雇わなくては、会社設立できないのだが、そこはアメージング・タイランド、なんとかなるのだ。 太郎は小柄で、太っている。子供の頃から、 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

Thumbnail of post image 113
私は空から雨のように落ちてくる無数の蟹を見て、ただ祈り続けた。人はこのような絶望的な状況でも祈ることはできるのだ。 すると私の頭の中にふと ある考えが浮かんだ”蟹は前に進めない”ということだ。 私は前方にいる巨大な蟹を見て、家に引き換えることにした。 蟹は私を追ってこなかった。 そして私は無事に家にたどり着くことができた。 そしてしばらく使っていなかったドローンを探し出し飛ばしてみることにした。 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

No Image
真夜中、私は不気味な音でめざめた。私はタイの田舎に住んでいる。田舎といっても日本の田舎とはちょっとイメージがちがう。一番近くのとなりの家までは歩いて500メートルはある。孤立した小さな家に愛犬ジェットと暮らしている。普段は静かで都会の生活よりははるかに快適だ。しかし、夜中に不気味な音を聞くと、急に自分が孤立して生活していることに気づかされる。その音は隣の部屋から聞こえた。床をひっかくような音がして ...