夢野久作,青空文庫

Thumbnail of post image 050

夢野久作さん 夢野久作さんというと私はすぐにドグラ・マグラを思い出し、怪しい恐ろしい作小説を書いた作家という印象を持っていました。その人物については何も知りませんでした。ウィキペディアで調べてみると、すごい人生を送った人なんだと驚きました。一度、お坊さんになったこともあるんですね。なんで、また普通の人にもどったのか謎です。それに、お父さんの借金の返済に追われる人生だったとか。 1913年(大正2年 ...