SF,SF小説 SF novel,その他,パヤナーク戦記

No Image
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 私はドアを開けていいのかどうか迷ってしまった。ほぼパニック状態だったのでどうしたのか思い出せない。とにかくドアを叩くので私は何も考えずに、ドアを開いてしまったらしい。彼女は黒い大きな瞳で私を見つめ、私に白い粉を吹きかけた。私は意識を失ってしまいその後何が起きたのか覚えていない。 目を覚ますと私は不 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

Thumbnail of post image 103
私は空から雨のように落ちてくる無数の蟹を見て、ただ祈り続けた。人はこのような絶望的な状況でも祈ることはできるのだ。 すると私の頭の中にふと ある考えが浮かんだ”蟹は前に進めない”ということだ。 私は前方にいる巨大な蟹を見て、家に引き換えることにした。 蟹は私を追ってこなかった。 そして私は無事に家にたどり着くことができた。 そしてしばらく使っていなかったドローンを探し出し飛ばしてみることにした。 ...

SF,SF小説 SF novel,パヤナーク戦記,ファンタジー,創作 My imagination

No Image
真夜中、私は不気味な音でめざめた。私はタイの田舎に住んでいる。田舎といっても日本の田舎とはちょっとイメージがちがう。一番近くのとなりの家までは歩いて500メートルはある。孤立した小さな家に愛犬ジェットと暮らしている。普段は静かで都会の生活よりははるかに快適だ。しかし、夜中に不気味な音を聞くと、急に自分が孤立して生活していることに気づかされる。その音は隣の部屋から聞こえた。床をひっかくような音がして ...